『【中日】ナゴヤドーム、また観衆2万割れ…球場職員「勝っているのにこの数字はショック」 スポーツ報知 7/6(木) 23:25配信』へのコメント

  1. 名無しのA 2017/07/14(金) 14:35:59

    ナゴド開業当初から貰い物チケットで観に来るファンが多かった。
    外野席 5階席以外はシーズン席だったと思う。
    色んな企業がシーズン席を買い占めて、取引先のお客を招待したり、従業員にも回したり、商店街やスーパーのお客への景品にしたり、
    数年経って不景気なのかナゴヤドームに魅力が無くなったのか飽きたのかでシーズン席を買い占める企業が減って来た。
    その分が一般販売になって売れ残る様になった。

  2. 名無しのA 2017/07/26(水) 18:41:34

    ナゴヤ球場時代からシーズン席を地大手企業中心に売りさばいて入場料の収益を開幕前に確保してた。
    だから一般ファンが買えるチケットは外野席か内野席の一部だけ。外野席は熱狂的ドラゴンズファンが集まる。内野一般販売席に少し空席ぐ目立ったぐらい。
    だからほっといても客が入っな。
    ナゴヤドームになってもそのやり方で、それどころか外野席もシーズン席を売り出して、外野席に座れるのは私設応援団と朝早くから並んだわずかなグループだけ。
    それ以外のファンは5階席。運良ければライト側が空いている。
    外野席を買うファンは皆んなドラゴンズをメガホン叩いて私設応援団と一緒に応援したいのに純粋なドラゴンズファンをライトスタンドから追い出して、シーズン券を貰って観に来た地蔵さんばっかしになった。
    内野席も5階席以外は全部シーズン席で仕事絡みで貰って観に来た人が殆ど。
    内野5階席でも当時は4000円はした様な。安いとこでも3000円はした様な。
    だから地元ファンがナゴヤドーム愛想つかした。

    広いナゴヤドームでホームランが中々出なくて、風も吹かないから予期せぬフライポロリも無い。
    投手中心の守りの野球をやすしか勝てる方法が無くて、星野時代からロースコアの試合が多かった。
    そんな試合に飽き始めて遠のくファンが増えた。
    シーズン席も不況もあってか、そんなマンネリ化で手放す企業が増えた。
    だからチケットタダで貰える率も減った。
    買ってまでは観に行きたいとは思わないファンばかりだからガラガラ

  3. 名無しのA 2017/07/27(木) 01:15:02

    デニーと森じゃ選手は潰れちゃう。

コメントを残す